おすすめ酵母サプリ紹介
【特集】 善玉菌と悪玉菌のあくなき戦いat腸内
研究機関で開発されたおすすめのオリジナル酵母2選
酵母ダイエットの基礎知識

閉じる

善玉菌が躍る!酵母サプリでおなかすっきりダイエット » 酵母ダイエットの基礎知識 » 酵母と酵素の違いは?

酵母と酵素の違いは?

こちらのページでは酵素と酵母の違いについて解説しています。

酵素と酵母、同じ「酵」という字を使っていますし、なんとなくどちらも体に良さそうということで、普段はあまり違いを意識されていないかと思います。しかし、あらためて違いを問われると、うまく答えられますか?

実は酵素と酵母は全く異なるものなんです。

まず、酵素は動物や植物の体内で作られるタンパク質の一種。食べ物を吸収する、分配する、代謝する、排出するというすべての動きに関わっています。

酵素があるからこそ、必要な栄養素を体内に吸収できて、不要な栄養素を排出できるというわけなんです。

一方、酵母は微生物で、糖質をアルコールと二酸化炭素に分解する働きがあります。発酵をさせるから「酵母」と呼ばれているわけなんです。ちなみに、ヨーグルトに含まれる乳酸菌も酵母の一種で、ほかに醤油・味噌・酢・日本酒などは麹菌、納豆は納豆菌、パンはイースト菌と、多種多様な食品に使われています。その活躍が、今の私たちの生活を豊かなものにしてくれているんですね。

酵素と酵母の違いを簡単にまとめると、酵素は成分、酵母は微生物、という分類になります。

酵素も酵母もダイエットには効果あり?

酵素も酵母も、ダイエットに効果的といわれていいます。前述のように酵素は不要なタンパク質や糖質、脂質を分解するので、体内の酵素量が多くなれば脂肪が溜まりにくくなるというのが、酵素ダイエットのメカニズム。

一方、酵母は特に脂肪の減量となる糖質を分解することでダイエットに効果があるとされています。「脂肪のもとを分解して、脂肪を溜め込むのを防ぐ」という意味では共通していますね。

酵素と酵母を組み合わせるとダイエット効果が高まる?

酵素や酵母が含まれたダイエットサプリも多く見かけます。もちろん、酵素や酵母を単体で摂ってもダイエット効果は期待できるのですが、酵素と酵母を組み合わせることで、より高い効果が期待できるのです。

ダイエットに適した
酵母サプリをみる