おすすめ酵母サプリ紹介
【特集】 善玉菌と悪玉菌のあくなき戦いat腸内
研究機関で開発されたおすすめのオリジナル酵母2選
酵母ダイエットの基礎知識

閉じる

善玉菌が躍る!酵母サプリでおなかすっきりダイエット » 酵母ダイエットの基礎知識 » 酵母と酵素の違いは?

酵母と酵素の違いは?

ヨーグルト

こちらのページでは酵素と酵母の違いについて解説しています。

酵素と酵母、同じ「酵」という字を使っていますし、なんとなくどちらも体に良さそうということで、普段はあまり違いを意識されていないかと思います。しかし、あらためて違いを問われると、うまく答えられますか?

実は酵素と酵母は全く異なるものなんです。

まず、酵素は動物や植物の体内で作られるタンパク質の一種。食べ物を吸収する、分配する、代謝する、排出するというすべての動きに関わっています。

酵素があるからこそ、必要な栄養素を体内に吸収できて、不要な栄養素を排出できるというわけなんです。

一方、酵母は微生物で、糖質をアルコールと二酸化炭素に分解する働きがあります。発酵をさせるから「酵母」と呼ばれているわけなんです。ちなみに、ヨーグルトに含まれる乳酸菌も酵母の一種で、ほかに醤油・味噌・酢・日本酒などは麹菌、納豆は納豆菌、パンはイースト菌と、多種多様な食品に使われています。その活躍が、今の私たちの生活を豊かなものにしてくれているんですね。

酵素と酵母の違いを簡単にまとめると、酵素は成分、酵母は微生物、という分類になります。

酵素も酵母もダイエットには効果あり?

酵素も酵母も、ダイエットに効果的といわれていいます。前述のように酵素は不要なタンパク質や糖質、脂質を分解するので、体内の酵素量が多くなれば脂肪が溜まりにくくなるというのが、酵素ダイエットのメカニズム。

一方、酵母は特に脂肪の減量となる糖質を分解することでダイエットに効果があるとされています。「脂肪のもとを分解して、脂肪を溜め込むのを防ぐ」という意味では共通していますね。

酵素の脂肪分解のパワーは、生物化学界や医学界などでも広く知られています。

たとえば、兵庫県立大学大学院 生命理学研究科の大隅教授が発表した「脂肪の代謝とその調節 からだのエネルギーバランス」の中には、「脂肪はリパーゼにより分解され、グリセロールと脂肪酸になる」という記述があります。

リパーゼは体内にある酵素のひとつなので、これはまさに酵素の脂肪分解パワーについて触れていると言えますね。[注1]

これ以外にも、酵素の食物の分解パワーが分かる身近な例として挙げられるものがあります。

それは何かというと…食事とはちょっと違う話で申し訳ありませんが、生ごみを堆肥に変える「コンポスト」です。

コンポストは「本来なら放っておけば腐敗するだけの生ごみを、微生物と酵素の力があれば効率よく分解できる」という仕組みをうまく利用したもので、特に油の分解力が高いことが知られています。そういう点から見ても「酵素は油を分解する力にすぐれている」というのが分かりますね。

人間の体内にも腸内細菌などの微生物が生息していますので、そこに酵素の働きをしっかりと加えることができれば、体内で効率よく分解・消化ができるようになるというわけです。

そして、酵母の糖質分解の働きを見る例としては「日本酒の造り方」をイメージしてもらうと分かりやすいでしょう。

日本酒の原材料であるお米には、非常に多くの糖質が含まれています。

そして日本酒造りには、そのお米を蒸したものと、酵母を大量に培養した酒母・麹(こうじ)・水を使い、これを発酵させていきます。

発酵が進むにつれ、麹によってお米のでんぷんが分解され糖分となっていきます。そしてその糖分が酵母によって分解されアルコールに変えられていき、それがお酒になるのです。

人間の体内でも消化のメカニズムの過程で「消化液がでんぷんを分解する」という状況になりますので、それに加え「でんぷん分解で生じた糖分をさらに分解できる酵母が体内にあれば、それが糖分対策になる」という理屈も分かりますね。

[注1]兵庫県立大学理学部・大学院 物質理学研究科 生命理学研究科:脂肪の代謝とその調節―からだのエネルギーバランス―[pdf]

酵素と酵母を組み合わせるとダイエット効果が高まる?

酵素や酵母が含まれたダイエットサプリも多く見かけます。もちろん、酵素や酵母を単体で摂ってもダイエット効果は期待できるのですが、酵素と酵母を組み合わせることで、より高い効果が期待できるのです。

ちなみに、先ほど例に挙げた「日本酒造り」も、酵素と酵母の組み合わせによるダイエット効果を裏付けている一例と言えます。

なぜなら、日本酒造りに欠かせない麹は、培養させる過程で酵素が生産されるからです。そして、お米のでんぷんを分解するのは、麹から生産された酵素の役割なんですよ。

つまり、「酵母の糖分分解の前段階の手助けを、酵素が担当している」と言えるのです。

そしてさらに「コンポスト」も実は、酵素と酵母の組み合わせによる分解促進を狙っている部分があります。というのも、コンポストに入れる分解促進剤の中には、酵母菌も含まれているんですよ。

また、2017年8月に開催された「日本菌学会第61回大会」において、関東学院大学の清水氏らが発表した「利尻産酵母を用いた脂質分解菌のスクリーニング」にも、酵素と酵母の組み合わせによる脂肪分解についての記述があります。

体内で脂肪を分解するのに役立つことで知られる消化酵素「リパーゼ」がありますが、このリパーゼの活性に役立つと思われる結果を出した酵母が、利尻産酵母の中から見つかった、という趣旨の内容が含まれているのです。[注2]

日本酒造りやコンポストの例を見ると「酵素と酵母の組み合わせは、糖分対策にも脂肪対策にも、より効率的な働きかけが期待できる」ということが分かりますね。

効率のいいダイエットをしたいなら、「酵素だけ」「酵母だけ」の摂取を考えるのではなく、どちらも摂取することを心がけるのがおすすめです。

[注2]日本菌学会:利尻産酵母を用いた脂質分解菌のスクリーニング

ダイエットに適した
酵母サプリをみる