おすすめ酵母サプリ紹介
【特集】 善玉菌と悪玉菌のあくなき戦いat腸内
研究機関で開発されたおすすめのオリジナル酵母2選
酵母ダイエットの基礎知識

閉じる

善玉菌が躍る!酵母サプリでおなかすっきりダイエット » 酵母ダイエットの基礎知識 » 正しい酵母サプリの飲み方は?

正しい酵母サプリの飲み方は?

正しい酵母サプリの飲み方は?

酵母サプリの飲み方、タイミング

酵母は日本人に馴染みの深いカビの一種です。味噌、醤油、酢、酒などを作るために必須で、酵素で糖を分解してアルコールやアミノ酸に作り変えてくれます。これを利用しようというのが酵母サプリです。

酵母を体に取り入れると酵母が持つ酵素も体に取り込まれ、健康維持やダイエットに役立ちます。

酵母サプリを飲む最適のタイミング

酵母サプリは一時的に空腹感を抑えてくれます。これを利用したのが酵母ダイエットです。酵母ダイエットは酵母を飲んで空腹をコントロールするダイエット方法で、酵母を飲むタイミングによって成功率が変わることがあるので、自分にとって最適なタイミングで飲む必要があります。

酵母サプリを飲むタイミングは2つ

酵母サプリを飲むタイミングは2つあります。1つは、食事前30分を目安に飲む方法。もう一つは、食事後に飲む方法です。

どちらも空腹を抑える、つまり満腹感を得るために酵母サプリを飲みますが、食前30分前に飲むのと、食後に飲むのとでは空腹のコントロールのしやすさに差が出てきます。

食前30分に飲んで食事量を減らす

食前30分前に酵母サプリを飲むと、空腹感が抑えられて一定の満腹感に変わります。この状態だと食事量が少なくて済むので、食べ過ぎを回避できます。特に炭水化物や糖質を意識的に避ければ、満腹感を感じながら低糖質ダイエットもできるので、ダイエットの成果が出やすくなります。

食欲が自制できずについ食べてしまうときは、食前に酵母サプリを飲んでおけば、食べてはいけないものを食べたり、食べ過ぎることを防ぎやすくなります。

食後に飲んで満腹感をさらに得る

食後に酵母サプリを飲むと、物足りないなと感じる食事量でも満腹感を得られるので、食べ過ぎを防止できます。この飲み方も意識的に炭水化物や糖質を避けた食事をした上で、食後に酵母サプリを取れば十分な満腹感を得られ、ダイエット特有の空腹や物足りなさから来るストレスを感じにくくなります。

食事の量を自制できるのなら、食後の酵母サプリのほうが食欲のコントロールがしやすくなります。

酵母サプリと相性の良い低糖質ダイエット

酵母サプリは、低糖質ダイエットとの相性がとても良く、ダイエットの成功率を上げる、ダイエット中の栄養不足を防ぐことが期待できます。

通常、人が炭水化物を食べると、胃で消化されて腸へ送られ体が吸収しますが、途中で炭水化物は糖に変わります。糖は人にとって活動エネルギーとなりますが、一度にたくさんの糖を吸収してしまうと体の活動に使われず、余ってしまいます。

余った分は脂肪に変換されて蓄えられ、これが続くと糖尿病や肥満の原因になります。低糖質ダイエットは、体の仕組みを利用した効率的なダイエット方法で、脂肪の材料となる炭水化物を避けた食事をすることで痩せる方法です。

酵母サプリは飲んでおくと淡水化物を食べても、酵母が持つ酵素の力で糖に変換される前に分解してアミノ酸などに分解するので、吸収される糖が減って体の中で糖が余ることを防いでくれるので、より効率的に低糖質ダイエットの成果を出すことが期待できます。

寝る前にも酵母サプリ

寝る前に酵母サプリを飲むと、代謝が向上してダイエットを助けると言われています。夜中の空腹を抑えることもできるので、寝る前に酵母サプリを飲むのもダイエットの手助けになる可能性があります。

ただ、酵母サプリの中には断食向けのものがあり、高いカロリーと多くの糖質を含んだものがあるので、寝る前に酵母サプリを飲むときはカロリーが低く糖質の少ないものを選んでください。

健康維持にも役立つ酵母

酵母にはミネラルやアミノ酸が含まれています。鉄分やカルシウムはもちろん、人が生きていく上で必要な必須アミノ酸も数種類あり、さらに酵素が数種類含まれているので、食事では足りない栄養の補給やダイエット中の栄養不足対策としても効果的です。

また、酵母が持つ酵素は食べたものを消化する、代謝を行うときの材料となる、栄養を吸収できるようにするなどの人の生命活動に必ず必要になるものです。酵素は加齢が進むなどの理由で減少していき、不足すると食べ物から栄養を十分に吸収できず、肌荒れやます。酵母が持つ酵素は、減ってしまった酵素を補い人の健康維持に役立ちます。

酵素が不足するとどうなる?

酵素が不足すると、体のなかで必要な消化、吸収、代謝などの化学反応が上手く行えなくなり、必要な栄養を代謝で作り出すことが難しくなっていきます。

代謝が落ちると肌あれや太りやすい体になり、必要な栄養を取り込めなくなる、栄養を体が使える物質に変換できなくなり、血流の悪化、老廃物の処理ができない、体温が下がるといった症状が現れることがあり、健康面でのリスクを抱えることになります。

酵母サプリのメリット

酵母サプリは人に必要な栄養や酵素を含んでいるので、取り入れることで健康維持に繋がります。また、腸内環境を整えてくれるので、便秘の解消に役立ちます。特に腸内環境を整える事は体全体の健康維持に役立ち、肌荒れを防ぐ、シミやシワを抑制するといった美容面でのメリット、血糖値の上昇を抑制する、免疫力を高めるといった健康面でのメリットがあります。

加齢による酵素不足の解消や、必須ミネラルとアミノ酸の補給もできるので、体に足りないものを手軽に補える万能サプリメントとしても使うことができます。食前や食後に飲むことでダイエットの成功率を上げる事にも役立ちます。

酵母が持つ謎の成分βグルカン

βグルカンは水溶性食物繊維の1種で、麦などに含まれています。βグルカンには種類があり、それぞれに違う効果が期待されています。酵母にも酵母特有のβグルカンがあり、健康に役立つことが期待されていますが、一定の効果の証明が出てきているものの、いまだ完全に効果が立証されていません。

しかし、すでにサプリメントや医薬品として使用されているので、今後βグルカンの研究が進行すると、βグルカンを含む酵母を含んだ食品は万能なサプリメントとして利用できる可能性があります。

免疫力を高める可能性

酵母特有のβグルカンは、抗酸化機能があることが示唆されています。元々は細胞壁を構成している成分で、まだ研究段階ではありますが、酵母が持つβグルカンが免疫細胞を刺激して免疫を活性化させる可能性があることが、研究によって出てきています。

まだ可能性の段階ですが、手術後の感染症になるケースが減ったという結果もあり、実験ではある程度の成果が出ています。

アレルギー性鼻炎や糖尿病を防止する可能性

酵母が持つβグルカンには、アレルギー性鼻炎を抑制することが報告されています。酵母サプリを飲めばアレルギー性鼻炎の抑制ができるかどうかはまだ未知数ですが、少なくとも実験結果が出ているので、今後花粉症対策としても役立つ可能性があります。

糖尿病の防止効果も可能性として上がっていて、血糖値を下げる効果があることから食前の摂取で糖尿病を予防できる可能性があり、研究が進められています。

抗酸化作用

酵母βグルカンは抗酸化作用を持つ可能性があり、研究が進められています。少数でるが論文も存在し、サプリメントや医薬品としても利用されています。まだわからない部分もたくさんある成分ですが、少しづつ酵母由来のβグルカンの性能が明らかになりつつあります。

酵母サプリのデメリット

酵母サプリのデメリットは、便秘になることがある、アレルギーを起こすことがある、酵母によってはプリン体を大量に含んでいるものがあるなどです。基本的には酵母サプリのデメリットは、適正な量を摂取していれば防ぐ事ができます。

体質次第では便秘になる

酵母サプリは、体質的次第では便秘になることがあります。酵母が生きたまま腸に届いた場合、酵母の活動によって腸内の水分を使ってしまいます。

便がスムーズに排泄されるためには、ある程度の水分がないと固くなって排泄しにくくなりますが、酵母によって腸内の水分が減ってしまうと便秘になることがあります。

酵母サプリで便秘を起こすときは、ほとんどの原因が過剰摂取によるものです。酵母サプリは目安の量があり、過剰摂取しても意味がありません。適正量を守らないとかなり辛い便秘に悩まされることがあるので、必ず1日の適正量を守ってください。

ゲップやおならが多くなる

ゲップやおならも、酵母が生きたまま腸に届くことで起こることがあります。腸に生きた酵母が入ると、炭水化物などを分解してガスを作ります。

ガスがある程度貯まるとおならやゲップとして排出されるので、人前に出るときなどは注意が必要です。多くの場合、過剰に酵母サプリを飲まなければゲップやおならが増えることはほとんどありません。

痛風がある人は要注意

酵母サプリがなにで出来ているかにもよりますが、ビール酵母が主体の場合、プリン体を大量に含んでいる可能性があります。

プリン体は痛風の原因物質であり、発症すると体内で結晶化したプリン体が神経を刺激して激痛が走ります。

酵母サプリすべてにプリン体が含まれているわけではありませんが、痛風がある場合は使われている酵母がなにかを確認してから利用してください。また、ビール酵母は血液凝固作用があるビタミンKが多く含まれるので、血液をサラサラに保つワーファリンの効果を抑えてしまうことがあります。

アレルギーが出る可能性

酵母サプリの取りすぎは、アレルギーの原因となることがあります。酵母自体にはアレルゲンがないのですが、酵母を増やすために使われている原料がアレルギーを起こすことがあるので、食べる前に原材料のチェックをして、アレルギーになる原料がないことを調べたほうが安全です。

アレルギーはひどいと命に関わることもあるので、特に注意してください。

ダイエットに適した
酵母サプリをみる