おすすめ酵母サプリ紹介
【特集】 善玉菌と悪玉菌のあくなき戦いat腸内
研究機関で開発されたおすすめのオリジナル酵母2選
酵母ダイエットの基礎知識

閉じる

善玉菌が躍る!酵母サプリでおなかすっきりダイエット » 酵母ダイエットの基礎知識 » 酵母でなぜ痩せられる?その仕組みと方法

酵母でなぜ痩せられる?その仕組みと方法

この記事では、酵母ダイエットの仕組みに加え、効果的な摂取の仕方や注意点など、酵母ダイエットの基礎についてご紹介します。

酵母ダイエットの仕組み

ヨーグルト

近年、様々なメディアや女性誌で「酵母ダイエット」という言葉を目にする機会が増えてきました。実際、各メーカーもこぞって酵母ダイエット関連商品を研究・開発し、販売しています。

その結果、酵素・酵母関連の食品市場は10年連続で売り上げ増となっており、2017年時点で540億円(前年比2%増)という巨大な市場となっています。

これらのデータは、多くの人が酵母ダイエットの有用性を実感し、リピートし続けているという一つの証拠といえるでしょう。

発酵食品に欠かせない酵母はダイエットにも役立つ

酵母ダイエットの主役である「酵母」は、味噌やキムチ、納豆など、発酵食品を作る際に欠かせない微生物の一種。ビールや日本酒、ワインといったお酒や、パンをつくるときにも使われる、私たちにとって非常に身近な微生物です。

この酵母には、糖質をアルコールと炭酸ガスに分解するという性質(この作用を「発酵」といいます)があります。お米に酵母を入れるとお酒ができあがるのは、このためです。

こうした酵母の働きは、食品だけでなく、私たち人間の身体にも影響します。酵母は脂肪の原因となる糖分を、炭酸ガスとアルコールに分解してくれます。

それらはゲップやおなら、尿と一緒に体外に排出されたり、体を動かすエネルギーとして使われたりするため、脂肪にはなりません。

そのため酵母には脂肪の生成を抑制し、ダイエットをサポートするという働きが期待できるのです。動物実験により、乾燥ビール酵母に肥満予防効果が確認されたということも、科学的に証明されています。[注1]

酵母ダイエットは毎日運動を続けるよりも手軽

具体的に、酵母はダイエットにどれほどプラスになるのでしょうか?酵母が腸内に増えると、1日当たり200キロカロリー分の糖分を分解してくれるといわれています。ただ、200キロカロリーと言われてもあまりピンとこないかもしれませんね。

では、普段からダイエットのために1日200キロカロリーを余分に消費するとしたら、どれくらいの努力を払わなければいけないのでしょうか?以下にいくつか例を挙げてみましょう。

毎日200キロカロリーを余分に消費することがどれほど骨の折れることか、おわかりいただけたかと思います。一方、酵母ダイエットなら、毎日休みなく40分エアロビクスするのと同程度のカロリーを手軽に消費できるため、リピーターが多いのもうなずけます。

酵母ダイエットのやり方と注意点

ダイエット

酵母ダイエットは、手軽なダイエット方法を探していた方にぴったりな方法といえます。

しかし、酵母を取り入れるには、具体的にはどのようにすればよいのでしょうか。以下でその方法を解説します。

方法1.食べ物から酵母を摂る

一つ目の酵母ダイエットの方法は非常にシンプルで、日々の食生活の中で酵母を摂取できるよう心掛けるというもの。

すでにお話ししたとおり、酵母はお酒や味噌・納豆・チーズ・ヨーグルトといった発酵食品に含まれています。とりわけ、ヨーグルトやキムチには乳酸菌も含まれるため、整腸作用も期待できます。

酵母だけでなく、便秘解消や腸内環境改善を同時にサポートするこうした食品を、日常的に取り入れるとよいでしょう。

ただし、酵母を摂るためといっても、糖分を含むヨーグルトやお酒を過度に摂取しすぎると、当然摂取カロリーが増えてしまいます。ダイエット効果を得るためには、摂取カロリーとのバランスを考える必要はあるでしょう。

さらに、食品から酵母を摂取するという方法には、一つの弱点があります。それは、酵母が非常にデリケートで、とくに熱に弱いという点です。

そのため、加熱加工がなされている食品からは、酵母を摂ることがほとんどできません。そんな失敗を避けるには、次に紹介する方法がおすすめです。

方法2.サプリメントで酵母を摂取

生きたままの酵母を効率よく摂取したいなら、サプリメントタイプのものを摂取するのがおすすめ。また、今や多くのモデルさんやタレントさんも活用していることで、酵母サプリメントは注目されています。

そんな酵母サプリメントによるダイエットの大きな魅力の一つは、飲むだけでダイエット効果が期待できるといわれています。

今までのダイエット方法や日々のエクササイズが長続きしなかったという方、面倒くさがりな方であっても、気軽に挑戦できる方法といえるでしょう。また、一日3回しっかり食べながらも、無理なくダイエットができるという点も見逃せません。

過度な食事制限や「朝は〇〇を食べるだけ」といった偏った食生活を強いるダイエット方法では、栄養不足により生理不順や肌荒れといった健康上のリスクを抱える可能性が高まってしまいます。

そこで、酵母サプリメントによるダイエット方法はとても簡単です。食事前、または食後に酵母サプリメントを摂取するだけです。しかし、ただ摂取するだけでなく、タイミングが重要視されています。

酵母が体内に入ると水分を吸収して膨らむ為、食前に摂ることで食事量をいつもよりセーブできる場合がありますが、すべてのサプリメントがそのような有用性とは限りません。

サプリメントによっては、食後に摂取することで胃に溜まった食べ物の糖質を分解し、脂肪として蓄積するのを防ぐ狙いのものもあります。

なので、酵母サプリメントを摂取する際は、本来摂取すべきタイミングを事前に確認しましょう。また、酵母サプリメントを摂取する際は、水かぬるま湯で飲むようにしましょう。

酵母菌は胃酸や熱に弱く、体内に取り入れていった時にすぐ消化されていってしまうのが特徴です。さらに体内に取り入れた時に水分を大量に吸収していくゆえに、ひどくのどが乾いたり便秘に陥ったりする事があります[注2]

また、ジュースやお茶等で飲んでしまうと、酵母の有用性が失われてしまう可能性があるので気を付けましょう。

酵母は多いほうがダイエット効果が高い

酵素と酵母の違い

そもそも酵素と酵素は似ているようで全く違います。酵母とは、目には見えない5~10ミクロンの単細胞の微生物です。酵母は、活動に必要な酵素を体のなかでたくさん作っていています。

酵母はその字の通り、「酵素のお母さん」とも言える存在なのです。酵素は、私たちの体のなかで起こっているさまざまな化学反応を促進(触媒)するたんぱく質です。食べ物の消化や吸収、代謝、不要なもの・有害なものの排泄なども酵素があってはじめてスムーズに進行します。

人間を含む動物、植物、微生物は、体のなかでそれぞれが生きていくために必要な酵素を作っています。酵素は、食べ物の消化や吸収、筋肉を動かす、新陳代謝、体に不要なものを排せつするという働きを持っています。

酵母を多くを摂取することによる有用性

酵素には、3000種類以上あるのですが、各酵素はそれぞれにたったひとつの決まった働きしか行わないので、あるひとつの酵素が体内の事情によって消化酵素になったり代謝酵素になったりすることはないのです。

なので、酵母を多く摂取し、体内に必要な酵素をたくさん作ることで、食べ物の消化や吸収、体に不要なものを排せつするという働きを促進させましょう。

酵母には、カリウムやリン、マグネシウム、カルシウムなどのミネラルやアミノ酸9種類など多くの栄養素が含まれています。[注3]

足りていない栄養素を摂取しつつ、不要なものを排泄することで効率的にダイエットの効果を得ることが出来ます。

酵母サプリメントによるダイエットの注意点

酵母サプリメントによるダイエットは手軽で試しやすい方法ですが、注意しておきたい点が三つあります。

一つ目は、酵母サプリメントを飲むタイミングです。サプリメントによっては食前に飲むものもあれば、食後に飲むように作られているものもあります。サプリメントの働きを十分に得るためには、購入したサプリメントに記載されている指示をしっかり確認することが大事です。

二つ目の注意点は、酵母の発酵作用により体内でガスが発生するため、ゲップやおならの回数が増える可能性がある点です。ただ、人前で出すのは恥ずかしいからと言って我慢しすぎないように注意しましょう!ガスを出すのを我慢しすぎると、腹痛や腸内環境への悪影響など要因になるため、こまめにトイレに行くなどして処理しましょう。

三つ目は、サプリメントの質に関する注意点です。十分なサポート力を得るには、ビフィズス菌などと同様、酵母も生きたまま腸に届かせる必要があります。そのため、酵母サプリメントは「生きたまま腸に届く」を謳っている商品を選ぶことが大切なポイントとなります。

[注1]アサヒグループホールディングス:動物実験による乾燥ビール酵母の肥満予防効果

[注2]あいち産業科学技術総合センター:極超短時間細菌による酵母の殺菌[pdf]

[注3]アサヒグループホールディングス:酵母が支える健康とおいしさ[pdf]

ダイエットに適した
酵母サプリをみる